home

悪天候で空の便の欠航相次ぐへ

低気圧の発達に伴う悪天候で3日、飛行機の国内線は羽田空港や西日本発着便を中心に欠航が相次いだ。午前10時20分までに日航は120便、同11時までに全日空は83便の欠航を決めた
 一方、JR東日本によると、札幌―大阪駅間などを結ぶ夜行列車上下計10本の運休が決まった。 

憩いの小田原へ

新宿から相模大野を経由し小田原線に変わります。新宿という都心から徐々に緑が濃くなっていき、気づくとそこは温泉街や自然に囲まれた山と海。そんな癒しと安らぎをくれる小田原線。
小田原線には天然温泉が湧き出ていて、カルシウム含有量は日本でも屈指といわれる鶴巻温泉の鶴巻温泉駅や、100年を超える梅の木が見られる出雲大社のある秦野駅、かまぼこやお城で有名な小田原駅。古き良き日本や、緑の温かさを感じれる、都心から近いオアシス、小田原線です。

●小田原プチ紹介
・小田原城天守閣
300年ほど前の大震災で小田原城がほとんどが倒壊・焼失してしまいましたが再建された小田原のシンボルの象徴。春にはたくさんのサクラが小田原城を囲み、日本の風情を感じることのできるスポットです。

・かまぼこ
小田原と言えばかまぼこ!小田原駅の周りを見渡すと大きな看板も目立つほどのかまぼこを押しています。おいしい小田原の湧き水に、海の近い小田原ならではの豊富な海の幸で作るかまぼこ。小田原に行った際はご賞味あれ。

・小田原酒匂川花火大会
5000発の花火があがる花火大会。メインとなる花火は全長300mの高さ30mのナイアガラの滝です!音楽に合わせ舞う花火に大きなナイアガラの滝が見るものを唸らせる花火大会。夏の一押しです。

●停車駅
〜小田原線〜
相模大野
小田急相模原
相武台前
座間
海老名
厚木
本厚木
愛甲石田
伊勢原
鶴巻温泉
東海大学前
秦野 澁沢
新松田
開成 栢山
富水
螢田
足柄
小田原

「梅ちゃん先生」初回18.5%

女優の堀北真希さんがヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(総合テレビ、月〜土曜午前8時)の初回が2日に放送され、番組平均視聴率は関東地区で18.5%(ビデオリサーチ調べ)、関西地区で16.7%だった。最近の朝ドラでは11年前期の「おひさま」(18.4%)を超え、06年後期に放送された「芋たこなんきん」(初回視聴率20.3%)に次ぐ高視聴率となった。

【写真特集】「梅ちゃん先生」第1話のそのほかの場面

 ドラマは、戦後復興と高度経済成長の時代に、失敗を繰り返しながら地域に根ざした町医者を目指す一人の女性が送るにぎやかな日々を描く。大学病院の医師という父の下に生まれ、優秀な姉と兄を持つ下村梅子(堀北さん)は、自分に自信が持てない。しかしある“事件”をきっかけに一念発起。医師を目指し、やがて地域医療に身を投じていくことになる。脚本はドラマ「結婚できない男」(06年、関西テレビ、フジテレビ系)などの尾崎将也さんが手がけ、主題歌は人気グループ「SMAP」の「さかさまの空」が起用されている。

 第1週「あたらしい朝が来た」は、家族6人で焼け跡のバラックで暮らし、勤労動員のため、工場で働いていた16歳の梅子は、いつもドジばかり。そんな中、終戦の玉音放送が流れる。そして世の中が目まぐるしく変わっていくものの、梅子は自分がどうしたらいいのか分からずにいた……という物語。(毎日新聞デジタル)







Copyright © 小田急線の小田原線とは, ALL rights reserved.